くらし情報『仕事で「なるはや」を使わない方がいい理由』

2020年9月18日 15:10

仕事で「なるはや」を使わない方がいい理由

今さら、コミュニケーションの重要性を説明する必要はないでしょう。

友人や家族、仕事仲間とのやり取りといった、ありとあらゆるシーンで、良好なコミュニケーションが要求される時代。

特にビジネスシーンにおいては、コミュニケーションが得意な人はどんどん出世し、苦手な人は報われない、という光景を目の当たりにした人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ビジネスコミュニケーションについて説明していきます。

仕事で「なるはや」を使わない方がいい理由


■ビジネスコミュニケーションとは何か?

ビジネスコミュニケーション(以下ビジコミ)とは、仕事上において、言語・文字・身振りなどを媒介として、互いに意思や感情、思考を伝達し合うことです。

もう少しかみ砕いて言うと、甘えやおふざけが一切通用しない、仕事を遂行していく上で、必要不可欠なやり取りということになります。

◇ビジコミが重要な理由

仕事で「なるはや」を使わない方がいい理由


例えば、上司が部下に「あのライバル会社の新製品、調べておいてくれ!」と指示をしたとします。

A社員は、3日かけて、性能の詳細から価格、競合製品、直近の販売データなどを細かくまとめた数十ページの調査書を作成しました。

一方、B社員は、1時間後にA4サイズ1枚で端的にまとめたレポートを作成しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.