くらし情報『「母の日」にカーネーションが贈られる理由』

2020年9月26日 11:10

「母の日」にカーネーションが贈られる理由

赤よりも柔らかいイメージを持ったかわいらしいピンクのカーネーションは、お世話になっている先輩や、お礼を伝えたい人に贈るのにもぴったりですね。

同じ「感謝」の花言葉を持つレースフラワーと合わせて贈っても良さそうです。

◇白いカーネーション「純粋な愛」

「母の日」にカーネーションが贈られる理由


「純粋な愛」という、少し特別な意味を持つ白は、母の日に夫から妻へ赤いカーネーションと共に贈っても喜ばれそう。

普段素直に言えない感謝の気持ちを伝えたいならピンクのカーネーションと組み合せてもいいですね。

◇オレンジのカーネーション「情熱」

「母の日」にカーネーションが贈られる理由


「情熱」の他にも「清らかな愛」などの花言葉を持ち合わせているので、恋人に贈るのにぴったり。

組み合わせとしておすすめの花は、ブルースター。

「幸福な愛」や「信じ合う心」などの花言葉を持っていますし、ブルースターの淡い青色で、カーネーションのオレンジが引き立つ花束になりそうです。

◇黄色いカーネーション「軽蔑」

「母の日」にカーネーションが贈られる理由


黄色いカーネーションはうっかり贈れない「軽蔑」という花言葉を持っています。

というのも、ローマ帝国時代、キリスト教が迫害されていた頃の皇帝のカラーが黄色でした。

花言葉はキリスト教などにも色濃く起源を持つため、黄色の花には、弾圧時代を連想させる不信なネガティブなイメージの意味合いがあるものが多くなってしまったのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.