くらし情報『告白する時に「赤いチューリップ」を買うべき理由』

2020年9月27日 11:10

告白する時に「赤いチューリップ」を買うべき理由

春に花咲く、チューリップ。現在は世界中に5600種あるといわれ、色や咲き方に多くのバリエーションがあり、見る人を飽きさせません。

今回はそんなチューリップのちょっと悲しい伝説や歴史、色別に見る花言葉などをご紹介します。

告白する時に「赤いチューリップ」を買うべき理由


■チューリップってどんな花?

告白する時に「赤いチューリップ」を買うべき理由


原産国は地中海から中央アジアで、トルコでは特に愛されている花です。

トルコでは「ラーレ」と呼ばれ、唯一神の「アラー」と同じ文字を使うことから、チューリップを神の花としてあがめたとされています。

また、花の名前もトルコの人々がかぶっている帽子「チューリバン(ターバン)」が語源だそう。

そんなチューリップがヨーロッパに広がったきっかけは、1554年のトルコ駐在大使だったオーストリアのビュスベックが紹介したことから。

その後17世紀のオランダでは、チューリップ狂時代と呼ばれる歴史的ブームが起こりました。チューリップは投機の対象となり、この球根1個が、結婚の持参金や、家1軒と同じ価値があるとされたとか。

オランダでのブームからフランスにも伝わったチューリップは、宮廷の貴婦人たちが競って胸に着けるほど人気が出たそうです。

■色別にひも解くチューリップの花言葉

ここからは色別に花言葉を紹介していきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.