くらし情報『オレンジのバラは「絆」。友情を伝えたい時に贈る花』

2020年9月29日 11:10

オレンジのバラは「絆」。友情を伝えたい時に贈る花

友達をお祝いしたい時や、落ち込んでいて励ましたい時、言葉だけじゃ足りないなと思うことがありますよね。

友人だからこそ普段言えないことや、ちゃんと伝えたい気持ちがある時は、相手に合う花言葉を考えながら花を贈るのはどうでしょう。

今回は「友情」を伝えたい時にピッタリの花言葉を集めました。友人の顔を思い浮かべながら読んでみてくださいね。

オレンジのバラは「絆」。友情を伝えたい時に贈る花


■オレンジのチューリップ「永遠の友情」

オレンジのバラは「絆」。友情を伝えたい時に贈る花


色や花びらの咲き方がさまざまで、現在世界に5600種類あると言われるチューリップ。

身近な花ですが、17世紀のオランダでは球根1つに家1軒の価値があるとされ、投機の対象になっていました。

花言葉は、オランダの伝説から。3人の剣士に、それぞれの家宝である王冠、剣、黄金を送られてプロポーズされた少女が、誰か1人を選べず花の女神フローラに頼んで花の姿に変えてもらったことから、「思いやり」や「博愛」などの由来となったそうです。

ちなみに花は王冠、葉は検、黄金は球根を表すといわれています。

花の色によっても意味が異なり、友人に贈りやすいのは「永遠の友情」という花言葉を持つオレンジのチューリップ。

黄色は「望みのない恋」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.