くらし情報『恐怖。LINEって「怖い」と思った瞬間5つ』

2020年10月26日 17:10

恐怖。LINEって「怖い」と思った瞬間5つ

「LINE」は、便利な反面、使い方によっては相手に誤解を与えてしまったり、予想外のトラブルに見舞われたりすることもあります。

そこで今回は、普段LINEでやり取りする中で、「注意している」ことについて聞いてみました。

恐怖。LINEって「怖い」と思った瞬間5つ


■(1)誤解を生みやすい

・「面と向かってしゃべったことがなかったり、相手の性格をよく知らなかったりすると、文章だけでは真意が伝わりづらい(誤解されてしまう)可能性があり、行き違いが生じる。その気はないのに無意識に傷付けてしまうこともある」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「こっちが送っている意味と違う意味で理解されている時」(32歳/農林・水産/事務系専門職)

文字だけのやり取りが多いLINEでは、こちらの意図とは異なったニュアンスで伝わってしまうことも少なくありません。特にあまり親しくない相手とのやり取りには、気を付ける必要があります。

■(2)感情が伝わらない

・「男性は絵文字を付けないので、怒っているのか感情がわかりにくい」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「文字だけだとそのときのテンションが伝わらないから、感情が読めない」(30歳/食品・飲料/技術職)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.