くらし情報『【難読漢字】“かくり”じゃない! 「確り」の正しい読み方』

2020年11月27日 07:10

【難読漢字】“かくり”じゃない! 「確り」の正しい読み方

㋐かたく強いさま。「ロープを―(と)結ぶ」

㋑確かでゆるがないさま。「土台の―(と)した建物」

2 考えや人柄などが堅実で信用できるさま。「―(と)した意見の持ち主」「論旨の―(と)した論文」

3 気持ちを引き締めて確実にするさま。「―(と)勉強する」「上級生らしく―しなさい」

4 身心が健全であるさま。また、意識がはっきりしているさま。「―(と)した足どり」「高齢でも頭は―している」

5 十分であるさま。たくさん。皮肉をこめていうこともある。「今のうちに―(と)食べておく」「金を―ためこんでいる」

6 相場が上昇傾向にあるさま。

つまり、かたいが派生して、堅実や間違いがない、はっきりしているようすを表すのが「しっかり」という表現。

意味を説明せずとも、多くの人がなじみを持って使用している言葉のはずです。しかし、漢字で書くことはあまりないため、読み方に躓く人もいることでしょう。■普段使っているのに、漢字が想像できない

あなたは「確り」を正しく読むことはできましたか?

いつも使っているのに、漢字で書かれた途端に何と読むのか、想像もつかない言葉ってありますよね。答えを聞くと、妙に納得してしまったりするものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.