くらし情報『どっちだと思う? 「拝受いたしました」は二重敬語?』

2021年1月21日 13:10

どっちだと思う? 「拝受いたしました」は二重敬語?

「拝受」という言葉は、ビジネスシーンで書類や物のやりとりをする際に、メールや文書などで使われる言葉です。

取引先とのやりとりが多い部署にいる人であれば、意外と目に付く言葉かもしれません。

こうした言葉を、必要な時にさらりと使いこなせるように、意味を把握しておきましょう。

どっちだと思う? 「拝受いたしました」は二重敬語?


Check!

誤用が多い「頭が上がらない」の本来の意味は?

■「拝受」の意味

まず、「拝受」という言葉を辞書で調べてみましょう。

はいじゅ【拝受】

受けることの謙譲語。

(『広辞苑 第七版』岩波書店)

「拝」は、相手を敬い、自分をへりくだって言う時に使う漢字です。この文字と「受ける」を表す「受」と組み合わせた「拝受」には、「謹んで受ける」という意味があります。

では、それぞれの漢字については、どんな意味があるのでしょうか。

【拝】はい

(1)おじぎをする。むなもとで両手を重ね合わせ、頭を下げて敬意をあらわす。おがむ。

(2)神社などにお参りする。

(3)官職・任務をさずけられる。

(4)相手を敬い、自分をへりくだっていう言葉。

(『例解新漢和辞典』三省堂)

「拝受」の「拝」は、(4)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.