くらし情報『間違って使ってない? 「留意」と「注意」の違い』

2021年1月26日 07:10

間違って使ってない? 「留意」と「注意」の違い

「留意」と「注意」。パッと見た限りではそれほど大きな違いはないように感じるこの言葉。日常生活で意識して比較することは少ないかもしれません。

どちらも「気を付ける」という意味では同じですが、微妙な違いがあるようです。

今回は、「留意」という言葉の意味や使い方の注意点、「注意」との違いについて解説します。

間違って使ってない? 「留意」と「注意」の違い


■「留意」という言葉の意味

間違って使ってない? 「留意」と「注意」の違い


まずは、「留意」という言葉の意味から見ていきましょう。

辞書で「留意」を引くと、次のように書かれています。

りゅうい【留意】

ある物事に心を留めること。気をつけること。注意。

(『広辞苑 第七版』岩波書店)

■「留意」の使い方

間違って使ってない? 「留意」と「注意」の違い


それでは、留意の使い方を以下に紹介します。

◇長く心に留め置いてほしいことを表す時に使う

「留」の文字には、「保留」「滞留」「駐留」などの使われ方からも分かるように「同じところにとめておく。とどめる。とめる」(『例解新漢和辞典』三省堂)という意味があります。

同じ注意でも、その時だけ気を付けるのではなく、しばらくの間心に留め置いてほしいことを伝えたい時にぴったりです。

言い換えれば、「留意」は、「スリップ注意!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.