くらし情報『【難読】“てむけ”じゃない! 「手向け」の正しい読み方』

2021年1月30日 07:10

【難読】“てむけ”じゃない! 「手向け」の正しい読み方

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「手向け」の読み方です。

「“てむけ”と読むのかな?」と思ったら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

【難読】“てむけ”じゃない! 「手向け」の正しい読み方


■「手向け」の読み方は?

毎日、私たちの意思で動いている「手」という漢字。「手術」など、 “しゅ”という読み方もありますね。「向」は、方向、向かうと読むので、“こう”、“む”という読み方を覚えている人が多いのではないでしょうか。

しかし、この2つを合わせて、送り仮名の「け」をつけると、“てむけ”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“たむけ”と読みます。

【難読】“てむけ”じゃない! 「手向け」の正しい読み方


■「手向け」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「手向け」の意味は以下のように解説されています。

た‐むけ【手向け】

1 神仏や死者の霊に物を供えること。また、その物。「手向けの香華」

2 別れる人へのはなむけ。餞別 (せんべつ) 。「卒業生に対して手向けの言葉を呈する」

3 《峠には道祖神などの境の神が祭られており、そこで旅の安全を祈って供え物をしたところから》山路をのぼりつめた所。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.