くらし情報『説明できる? 「割愛」と「省略」の違い』

2021年1月29日 07:10

説明できる? 「割愛」と「省略」の違い

もしも仕事で「せっかくですが、割愛します」と言われたら、どんな気持ちがするでしょうか。残念?それとも仕方がない?

実は、この「割愛」という言葉は、単に「省略」「削除」というだけの意味で使うものではありません。以下に解説します。

説明できる? 「割愛」と「省略」の違い


■「割愛」という言葉が持つ意味

説明できる? 「割愛」と「省略」の違い


「割愛」は「かつあい」と読み、次のような意味があります。

かつあい【割愛】

(1)愛執を断ち切ること。

(2)惜しく思うものを思い切って手放したり省略したりすること。

(3)大学など公的な組織が、他の組織からの要請で人材を手放すこと。

(『広辞苑 第七版』岩波書店)

この記事では、ビジネス文書や口頭でよく使われる(2)の意味と用法について説明します。

辞書からも分かるように、「割愛」とは、「手放したくない、省くには惜しいと思いつつも、思い切って手放したり削除したりする」という意味です。

ちなみに人材を手放す場合の(3)でも、「本来は手放したくないが、惜しみつつ」という意味が含まれています。相手先から能力を買われた優秀な人材を、組織にとって有益となるよう転籍させることを「割愛人事」といいます。

■「割愛」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.