くらし情報『ストレスの危険信号? 「噴火の夢」を見る理由』

2021年1月28日 21:10

ストレスの危険信号? 「噴火の夢」を見る理由

日本には火山が多く、桜島など現実にも噴火している山があります。

そんな噴火の夢にはどんな意味が隠されているのでしょうか。そして噴火の夢を見たら、どう行動すればよりラッキーになれるのでしょうか。

噴煙の様子、溶岩、噴石、あるいは噴火を見た時の気分などを思い出してみましょう。それが詳細な夢解釈の手掛かりとなるのです。

■噴火の夢は「マイナスの感情が噴き出す暗示」

ストレスの危険信号? 「噴火の夢」を見る理由


火山が噴火する夢は、抑圧されてきたマイナスの感情が一気に噴き出す兆し。

怒りや不平、不満、憎しみなどといった感情が湧き出ることの証しなのです。

ですから夢に出てきた噴火する火山は、「マイナスのエネルギーを蓄え込んだあなた自身」というわけです。

しかし、この夢は、そういった感情を発散させ、気持ちを切り替えることができる予兆といえます。

本当に心をリセットできるのかは、噴火の夢のシチュエーションによって違ってきますから、夢の状況をよく思い出してくださいね。

噴煙が立ち上っている、噴石が飛んでくる、溶岩が流れ出すなどの状況によって、吉夢の場合もあれば凶夢の場合もあります。

■ポジティブな意味を持つ噴火の夢7選

まずは、ポジティブな意味を持つ噴火の夢について、シーン別に見ていきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.