くらし情報『「考えたい所存です」という言い方がNGな理由』

2021年2月9日 07:10

「考えたい所存です」という言い方がNGな理由

ビジネス文書やメールなどでよく見かける「所存」という言葉。

本来の意味や正しい使い方を知って、さらに有効に活用できると良いですね。

今回は「所存」の意味や使い方について解説します。

「考えたい所存です」という言い方がNGな理由


■「所存」の意味とは?

「考えたい所存です」という言い方がNGな理由


「所存」とは、次のような意味です。

しょぞん【所存】

心中に思うところ。おもわく。考え。

あらたまった言い方や書簡文などに用いる。

(『広辞苑 第七版』岩波書店)

つまり、「所存」とは「考えや思うところ」という意味で、ビジネスでの改まった場面や目上の人へのメール・手紙などで、自分の思いや意思・意欲を伝えたい時に使います。

例えば、「〜したい所存です」は、「〜したいと思っております」という意味です。

■「所存」を使う上での注意点

「考えたい所存です」という言い方がNGな理由


ここでは、「所存」を使う際の注意点をいくつか紹介します。

◇「所存」は目上の人に対して使う言葉

漢語としての「所存」を訓読みにすると、「存ずる所」となります。

「存ずる」は「考える」「思う」の謙譲語です。自分を低めて相手を高める敬語なので、同僚や後輩・部下など、目下の人には使いません。目上の人に対して使えます。

「所存です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.