くらし情報『一生おひとりさまでいる場合に「必要な貯金額」』

2021年2月15日 07:10

一生おひとりさまでいる場合に「必要な貯金額」

今回のお悩み「一生おひとりさまなら貯金はいくら必要?」

結婚願望が全くない私。このまま一生独身で生きていくつもりです。今は500万円ほど貯金していますが、将来マンションを買いたいし、いつか病気になった時も自分で何とかしなきゃいけない。そう考えたら、貯金500万だと全然足りないですよね……。このまま一生おひとりさまで生きていくなら、貯金はいくら必要なのでしょうか?

■適切な貯蓄額は理想ライフイベントによって左右される

一生おひとりさまでいる場合に「必要な貯金額」


残念ながら、適切な貯金額を「これです」とハッキリ言うことはできません。

というのも、人それぞれ理想のライフスタイルや経験したいライフイベントが異なるから。将来的にマイホームを持つのかどうかだけでも、理想の貯金額は変わります。

そして、今や結婚せずに出産する生き方もスタンダードな時代。子どもを持つかどうかも理想の貯金額に影響するといえるでしょう。

総じて言えるのは「自分が大きなライフイベントを迎えた時に無理なく払える貯金額を準備しておくのが大切」ということ。

さらに、緊急事態で収入が途絶えた時にも生活ができるように、生活費の6カ月分は用意しておく必要があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.