くらし情報『【難読】“てんじゃおに”? 「天邪鬼」の正しい読み方』

2021年4月7日 17:09

【難読】“てんじゃおに”? 「天邪鬼」の正しい読み方

の鎧 (よろい) の腹の辺りにある鬼の面。また仏像で、仁王などの仏法守護神に踏みつけられている小鬼。

つまり、人にわざと逆らうような言動をすること、という意味合いですね。

「天邪鬼」という言葉は、民話に出てくる、悪い心を持ち、わざと人と反対の行動をして喜んでいた、嫌われ者の鬼(妖怪)からきているそうです。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「天邪鬼」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。普段、何気なく使っている言葉も、漢字になると自信を持って読めないものもありますよね。

聞き馴染みがある言葉も改めて調べてみると、意外な漢字の組み合わせでできていることを知れますね!

(ななしまもえ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.