くらし情報『【難読】“つちりゅう”とは読まない! 「土竜」の正しい読み方』

2021年4月8日 17:09

【難読】“つちりゅう”とは読まない! 「土竜」の正しい読み方

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「土竜」の読み方です。

そのまま“つちりゅう”と読むのかな?と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

【難読】“つちりゅう”とは読まない! 「土竜」の正しい読み方


■「土竜」の読み方は?

「土竜」と書くと、そのまま“つちりゅう”、“つちたつ”以外の読み方が想像できない人もいるのではないでしょうか。

しかし、実は“つちりゅう”や“つちたつ”とは読まず、だれもが知っている生き物のことを表す漢字になります。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“もぐら”と読みます。

【難読】“つちりゅう”とは読まない! 「土竜」の正しい読み方


■「土竜」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「土竜」の意味は以下のように解説されています。

もぐら【土=竜/鼹=鼠】

1 モグラ科の哺乳類。体長約15センチで尾は短い。毛は黒褐色のビロード状。地中にすみ、目は退化している。前足は大きくシャベル状で、地表近くをトンネルを掘って進み、ミミズなどを食べる。本州・四国・九州などに分布し、アズマモグラともいう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.