くらし情報『【難読】“しょうび”とは読まない! 「小火」の正しい読み方』

2021年4月13日 07:09

【難読】“しょうび”とは読まない! 「小火」の正しい読み方

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「小火」の読み方です。

そのまま“しょうび”と読むのかな?と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

【難読】“しょうび”とは読まない! 「小火」の正しい読み方


■「小火」の読み方は?

「小火」と書くと、そのまま“しょうび”、“こひ”以外の読み方が想像できない人もいるのではないでしょうか。

しかし、「小」と「火」の二つを合わせても、“しょうび”や“こひ”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“ぼや”と読みます。

【難読】“しょうび”とは読まない! 「小火」の正しい読み方


■「小火」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「小火」の意味は以下のように解説されています。

ぼや【小=火】

大きくならないうちに消し止めた火事。小さな火事。「小火を出す」「小火騒ぎ」

文字通り、小さな火事という意味合いですね。

ニュースなどでは「ボヤ騒ぎがあり~」など、カタカナで表記されることが多いですが、漢字では「小火」と書くのですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「小火」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.