くらし情報『『オードリーのオールナイトニッポン』だから見せる「ふつう」の2人』

2021年5月28日 17:10

『オードリーのオールナイトニッポン』だから見せる「ふつう」の2人

若林「こんばんは、オードリーの若林です」

春日「土曜の夜、カスミン」

若林「よろしくお願いいたします」

春日「ひとつよしなに」

番組名のタイトルコールとともに、オールナイトニッポンのテーマ曲「ビター・スウィート・サンバ」に乗せて、冷静な挨拶をする若林と、春日の決まり文句が聴こえてくる。土曜の深夜、AM1:00。彼らの時間がやって来た。

『オードリーのオールナイトニッポン』だから見せる「ふつう」の2人


私がオードリーを知ったのは、2008年の正月に放送された『ぐるナイ』の「おもしろ荘」。ピンクベストに七三分けという、独特な格好の春日が意味不明なツッコミをしたところに、若林が的確なツッコミを入れて笑いにする「ズレ漫才」。

彼らにとってもテレビで初めて漫才を披露したこの瞬間。当時高校生の私は、春日の出で立ちに多少の狂気を感じつつも、新たな漫才のスタイルに一気に引き込まれたのを、今でも覚えている。

その出会いから程なくして、オードリーはM-1準優勝。『オードリーのオールナイトニッポン』が2009年10月に放送を開始した。私は、その当時からラジオを聴き続けている「リトルトゥース(=『オードリーのオールナイトニッポン』のリスナーのこと)」である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.