くらし情報『【難読】“みずぐも”ってなに? 「水雲」の正しい読み方』

2021年6月17日 11:10

【難読】“みずぐも”ってなに? 「水雲」の正しい読み方

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「水雲」の読み方です。

“すいうん”?“みずぐも”?一体なに?と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

【難読】“みずぐも”ってなに? 「水雲」の正しい読み方


■「水雲」の読み方は?

「水雲」は、そのまま読んだら“すいうん”か“みずぐも”ですよね。

“すいうん”と読むこともあるのですが、一般的には沖縄名産のある食べ物を指す言葉になります。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“もずく”と読みます。

【難読】“みずぐも”ってなに? 「水雲」の正しい読み方


■「水雲」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「水雲」の意味は以下のように解説されています。

“もずく〔もづく〕【水=雲/海=蘊】

モズク科の褐藻。静かな内湾のホンダワラ類に着生し、春から初夏にかけ繁茂。茶色で柔らかく、糸状で、よく分枝して房のように見え、ぬるぬるしている。酢の物にして賞味。もぞく。もくず。もぞこ。《季 春》「汐鳴のこひしさに買ふ―かな/青畝」”

水雲は海藻なのですが、水に浮かぶ雲のように、海中でゆっくりと揺らぐように動くことから、「水雲」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.