くらし情報『【難読】“ひょうす”? 「標す」の正しい読み方』

2021年7月12日 11:10

【難読】“ひょうす”? 「標す」の正しい読み方

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「標す」の読み方です。

“ひょうす”?なにそれ?と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

【難読】“ひょうす”? 「標す」の正しい読み方


■「標す」の読み方は?

「標」は、目標、標識と読むので、“ひょう”という読み方に馴染みがありますよね。

しかし、これに「す」の送り仮名をつけて、“ひょうす”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“しるす”と読みます。

【難読】“ひょうす”? 「標す」の正しい読み方


■「標す」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「標す」の意味は以下のように解説されています。

しる・す【▽印す/▽標す】

[動サ五(四)]《「記 (しる) す」と同語源》

1 しるしをつける。目じるしとする。また、形跡を残す。「点検済みの符号を―・す」「足跡を―・す」「第一歩を―・す」

2 (「徴す」とも書く)前兆を示す。兆 (きざ) しを現す。

「新 (あらた) しき年の初めに豊の年―・すとならし雪の降れるは」〈万・三九二五〉

つまり、しるしをつけるといった意味合いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.