くらし情報『夏のボーナスは何に使う? 平均支給額や使い道を調査!』

2021年6月30日 17:10

夏のボーナスは何に使う? 平均支給額や使い道を調査!

ネストエッグが運営する自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」は、自社アプリユーザー向けに「夏のボーナス・お金に関する調査」を実施しました。

コロナ禍による世界的な不況の中で、支給された夏ボーナスをどのように使う予定なのか、そして消費スタイルなど、お金の考え方に変化はあったのか調査しています。

まず、2021年夏のボーナス支給があった人は58.0%で、支給額は「20万以上~40万円未満」が27.3%と最多となりました。

夏のボーナスは何に使う? 平均支給額や使い道を調査!


次に、夏ボーナスの使い道は「貯金・預金」が74.0%、次いで「生活費の補填」が31.3%となり、何かを購入する資金にあてる人よりも、生活を考えた使い方や貯金をしようと考えている人が多いことが明らかになりました。

夏のボーナスは何に使う? 平均支給額や使い道を調査!


また、貯金・預金にあてる平均金額は全年代で27万6,778円となり、年代別では20~30代が20万円台、40代以上が30万円以上となり、どの世代もまとまった額を貯金する傾向がみられます。

夏のボーナスは何に使う? 平均支給額や使い道を調査!


そして、コロナ禍以前(2019年以前)と比較してボーナスを「貯金・預金」にあてる金額が「増えた」と回答した人の割合をみると、20~30代が40代以上と比較して+10pt高く、若い世代ほどコロナ禍以後に貯金・預金をしようとする考えが高まっているようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.