くらし情報『【バッグの中身】日テレドラマプロデューサーの忙しい日々を救う19個の愛用品』

2021年7月19日 11:10

【バッグの中身】日テレドラマプロデューサーの忙しい日々を救う19個の愛用品

取材・文:太田冴

撮影:洞澤佐智子

編集:照井絵梨奈/マイナビウーマン編集部

【バッグの中身】日テレドラマプロデューサーの忙しい日々を救う19個の愛用品


「昨日は1日中、海ロケだったんです!もしかしたら鞄に砂がついているかも……!」

連日の撮影で疲れているはずなのに、満面の笑顔で元気に話してくれるおかげで、取材現場は一気に賑やかになった。その包容力からは、重責を担う“プロデューサー”というポジションについているだけの気概を感じる。

「ドラマプロデューサーという仕事は、名称だけ聞くとなんだか華やかに感じるかもしれませんが、実際は全ての撮影現場に立ち会い、早朝から深夜まで稼働する泥臭い職業。たくさんの制作スタッフや演者の皆さんが病気・怪我なく作品を作り終えることができるように見守りつつも、PR用のオフショット撮影や会議室の予約という細かいことまで、何でもやります。“見守り担当”でありつつ“何でも屋”でもあるんです」

内部では“総監督”とも言われているというドラマプロデューサーの仕事。普段の生活ではなかなか目にすることのない仕事だからこそ、そのカバンの中身から実態が見えてくるかもしれない。

諸田 景子さん

大学卒業後、日本テレビ放送網株式会社に入社。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.