くらし情報『【バッグの中身】日テレドラマプロデューサーの忙しい日々を救う19個の愛用品』

2021年7月19日 11:10

【バッグの中身】日テレドラマプロデューサーの忙しい日々を救う19個の愛用品

諸田さんは、マイナビウーマン読者と同じアラサー世代。たくさんの職業・世代の人が集まる撮影現場で、どのようにスタッフや演者とコミュニケーションをとっているのだろうか。その答えは意外なものだった。

【バッグの中身】日テレドラマプロデューサーの忙しい日々を救う19個の愛用品


「大好きな“おさるのジュリアス君”のグッズを、必ず身につけるようにしているんです。ポーチは常に首から下げていますし、撮影現場ではいつもジュリアス君がプリントされたTシャツを着ています。

元々ジュリアス君が大好きで身につけていたのですが、いつしかそれが私のトレードマークのようになって。今では日替わりで違うジュリアス君のTシャツを着ていることが、演者やスタッフとの雑談のきっかけになっているんです」

目に入るだけでテンションが上がるショッキングピンクのルームシューズも、“おさるのジュリアス君”のものだ。忙しくピリピリとした現場でも、キャラクターグッズをきっかけに始まるコミュニケーションが心を軽くしてくれる。そんな空気作りにも、フランクで明るい諸田さんらしさを感じる。

【バッグの中身】日テレドラマプロデューサーの忙しい日々を救う19個の愛用品


そんな彼女が現在の部署に異動してきたのは約3年前のこと。それまでは『ヒルナンデス!』などの人気バラエティ番組で6年半ディレクターを務めていたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.