くらし情報『オンライン会議でメンタル疲労? コミュニケーションへの影響を調査』

2021年10月19日 17:10

オンライン会議でメンタル疲労? コミュニケーションへの影響を調査

オンラインコミュニケーション協会は、コロナ禍で急速に浸透し始めた「オンライン会議」について調査するため、週に5回以上、社内のオンライン会議を行っているビジネスパーソン103名を対象に「オンライン会議に関する実態調査」を実施しました。

最初に「あなたは、社内会議がオンラインになったことで、対面で会議を行っていた時より『メンタルが疲労するようになった』と感じますか」(n=103)と質問したところ、「非常にそう感じる」が26.2%、「ややそう感じる」が27.2%となり、半数以上の人が「メンタルが疲労している」という結果になりました。

オンライン会議でメンタル疲労? コミュニケーションへの影響を調査


また、「非常にそう感じる」「ややそう感じる」と回答した人に、「どのような場面で『メンタルの疲労』を感じますか(複数回答)」(n=55)と質問したところ、「意思疎通がしにくい」が70.9%、「会議が間延びする」が61.8%という回答となりました。

オンライン会議でメンタル疲労? コミュニケーションへの影響を調査


次に、「Q2で回答した以外に、『メンタルの疲労』を感じる場面があれば、教えてください(自由回答)」(n=55)と質問したところ、「相手の表情が分かりにくく、相手の感情が読み取れず考え込んでしまい疲労を感じる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.