くらし情報『妻が一線を超える。大ヒット漫画『金魚妻』の実写版に岩田剛典が出演』

2021年10月21日 17:10

妻が一線を超える。大ヒット漫画『金魚妻』の実写版に岩田剛典が出演

Netflixがフジテレビジョン、フジクリエイティブコーポレーションと企画・製作し、篠原涼子さんが主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ『金魚妻』に、岩田剛典さん、安藤政信さん、長谷川京子さんが出演することが分かりました。

妻が一線を超える。大ヒット漫画『金魚妻』の実写版に岩田剛典が出演


本作は、さまざまな事情と想いを抱える女性たちの禁断の不倫愛を題材に、累計280万部を超える大ヒット同名漫画を原作にしています。

篠原涼子さん演じる平賀さくらは、ある事故をきっかけに美容師としての夢を諦め、安藤政信さん演じる卓弥と結婚します。しかし、夫からのDV、そしてモラハラに苦しむ日々を送っていました。

それでも夫から離れられないさくらは、偶然立ち寄った金魚屋で、岩田剛典さん演じる春斗と運命的な出会い、一線を越えてしまいます。

また、ある事情からさくらに挑むような態度を取るゆり葉を、長谷川京子さんが演じます。

岩田さんは、本作について「繊細な大人の恋愛ドラマ。それぞれの登場人物が持つコンプレックスを、男女のむき出しの人間模様と共に赤裸々に描いた内容になっていると思います」とコメント。

本作では、さくら以外にも一線を越えてしまう妻たちが登場します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.