くらし情報『「転職=年収アップ」の罠。収入を増やしたい人が最初に考えるべきこと』

2021年10月25日 11:10

「転職=年収アップ」の罠。収入を増やしたい人が最初に考えるべきこと

今回のお話「年収を上げるには転職しかない?」

「新卒から同じ会社にいるけど、給与がなかなか上がらない……」と悩んでいる人は多いでしょう。昇進すれば上がるとはいえ、今すぐには難しいもの。年収を上げるにはやっぱり転職するしかないんでしょうか。

「転職=年収アップ」の罠。収入を増やしたい人が最初に考えるべきこと


■まずは企業の特性を掴むことから

「転職=年収が上がる」とは一概に言えません。かといって、今いる企業にい続けることで給与がアップするかというと、それも業種・職種によりけりです。

昔ながらの大企業の場合は、20代のうちは年収が上がりにくいですが、年次とともに給与がアップする仕組みが多いので、そこでそのまま昇進を目指すのが賢明です。

対して、中小企業やベンチャー企業の中でも実力主義の会社である場合は、実力を何かしらの形で示すことで年収アップにつながります。資格取得を目指すなど、企業ごとに定められた昇給の規定をチェックしましょう。

もちろん、成果をあげればあげるほど給与がもらえる歩合制の企業に転職するのもひとつの手です。

ということで、年収を上げたいと考えた時にはいきなり転職を考えるのではなく、まずは今働いている企業の特性を掴むことから始めましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.