くらし情報『やりにくい。「年上の後輩」を傷つけない3つの指導法』

2021年11月30日 11:10

やりにくい。「年上の後輩」を傷つけない3つの指導法

今回のお仕事ハックは「年上の後輩との付き合い方が分からない」とのお悩みについて、ライターのトイアンナさんがアドバイス。

年上の後輩との付き合い方が分からない

職場の後輩との付き合い方に悩んでいます。今年入ってきた新人の年齢は自分より20歳上。接客業でもあるので、お客様の前で自分が仕事上の立場が上だというところをあまり見せたくないし、だからといってできない先輩扱いもされたくないです。

そんな後輩とどう付き合っていけばいいのか分からず、なかなか距離感がつかめずにいます。仕事は仕事と割り切って接した方がいいのでしょうか。

(30代/販売職・サービス系)

やりにくい。「年上の後輩」を傷つけない3つの指導法


こんにちは、トイアンナです。最近、成果主義や能力主義が導入され、「年上の部下、後輩」が生まれるようになりました。

これまでは年次も年齢も「先輩なんだから」という顔をできたわけですが、指導しなければいけない部下や後輩が自分よりも年上 となると、そうはいかない状況。

ましてや年上へ向けて指導しているシーンなど、お客様には見られたくないですよね。今回は「年上の部下、後輩」をマネジメントする秘技をお伝えします。

■指導は1対1でやる

まず、お客様の前では「後輩を絶対に指導しない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.