くらし情報『“Zoom映え”も研究。「本質がオタク」な女性が溺愛するコスメ』

2021年11月27日 11:10

“Zoom映え”も研究。「本質がオタク」な女性が溺愛するコスメ

取材・文:ひらりさ

編集:照井絵梨奈/マイナビウーマン編集部

同人サークル「劇団雌猫」所属の美容オタクライターひらりささんが、今気になるTwitterコスメアカの実態を探る連載「コスメアカの履歴書(https://woman.mynavi.jp/tag/rensai_cosme-account/)」。

今回は、みんさん(@miiya3_)にインタビューしました。

――幅広いブランドを追いかけ、等身大の情報を発信しているみんさん。bioの「やっぱり一生部屋が汚い」にも共感してしまいます……。コスメアカウントを始めたのはいつなのでしょうか?

2016年12月ですね。私は化粧品オタクというより本質がオタクなところがあり、Twitterを始めたのは同人活動のためだったんです。ちょうど、コスメアカウントが盛り上がり始めたところで「みんながフラペチーノ飲んでる間に私はきれいになるんだから」みたいな、自己啓発的なツイートが流れてくるようになったんですよね。

別ジャンルのアカウントで覗くより便利かなと思って、このアカウントを作りました。まだ当時はジャンルごとにアカウントを変えるのが主流でしたし。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.