くらし情報『罪悪感がないから不倫できる? 苦い恋に溺れる「不倫小説」3選』

2021年11月29日 11:10

罪悪感がないから不倫できる? 苦い恋に溺れる「不倫小説」3選

こんにちは。Instagramを中心に「私らしく生きていくための読書案内」を発信している、読書研究家のきりんです。

外を歩くと木枯らしが頬をなでる冷たさに、秋も終わりの気配を感じる今日この頃ですが、みなさんはどんな秋をお過ごしですか?

連載「本が教える恋のお話」のラストは、ちょっぴりビターな大人の「不倫」にまつわる小説をお届けします。

なぜ駄目だとわかっているのに、人は危ない恋に走ってしまうのでしょうか。誰にも言えない「不倫」の恋にハマる理由を、ご紹介する3冊から探っていきます。

■第3回のテーマは「不倫」

恋は、時に冷静になれないものです。あなたにも、少なからず感情に流されて溺れてしまった経験があるのではないでしょうか。

今回紹介する小説の中の女性たちは、結婚している男性を愛してしまいます。自分の人生を危うくしてしまうかもしれない「不倫」の恋なのに、どうして止めることができないのでしょうか。

秘密めいた恋を続ける理由や行く末を、作品を通して感じてみてください。

◇『隣人の愛を知れ』尾形真理子(幻冬舎/幻冬舎文庫)

罪悪感がないから不倫できる? 苦い恋に溺れる「不倫小説」3選


好きな人への愛を貫くことが罪になる、「不倫」の恋。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.