くらし情報『令和最注目の作家・斜線堂有紀の初の恋愛小説集が発売』

2021年12月3日 19:10

令和最注目の作家・斜線堂有紀の初の恋愛小説集が発売

集英社から斜線堂有紀『愛じゃないならこれは何』が12月3日に刊行されました。

令和最注目の作家・斜線堂有紀の初の恋愛小説集が発売


ミステリ作家として活躍する小説家・斜線堂有紀。近年は漫画原作はじめ、多彩な活躍を見せています。

そんな斜線堂有紀による、初の恋愛小説集が登場。WEBで発表されるや否やSNSでも話題となった、甘さと強い痛みを伴う短編4本に、書き下ろし1本が加えられています。

■あらすじ

『ミニカーだって一生推してろ』

二十八歳の地下アイドル、赤羽瑠璃は、その日、男の部屋のベランダから飛び降りた。男といっても瑠璃と別に付き合っているわけではない、瑠璃のファンの一人で、彼女の方が熱心にストーキングしているのだ。侵入した男の部屋からどうして瑠璃が飛び降りたのか、話は四年前にさかのぼる――。

他4編

■書誌概要

『愛じゃないならこれは何(集英社)』斜線堂 有紀1,540円

(マイナビウーマン編集部)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.