くらし情報『【難読】“ごうはね”じゃない!「合羽」の正しい読み方』

2021年12月25日 11:10

【難読】“ごうはね”じゃない!「合羽」の正しい読み方

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「合羽」の読み方です。

“ごうはね”かな? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

【難読】“ごうはね”じゃない!「合羽」の正しい読み方


■「合羽」の読み方は?

「合」は、集合、合体と読むので、“ごう”、“がっ”、「羽」はそのまま“はね”、羽毛と読むので“う”という読み方もありますよね。

しかし、二つを合わせて“ごうはね”や“ごうう”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“かっぱ”と読みます。

【難読】“ごうはね”じゃない!「合羽」の正しい読み方


■「合羽」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「合羽」の意味は以下のように解説されています。

カッパ【(ポルトガル)capa】【合羽】

1 雨天の外出に用いる外套 (がいとう) の一。ラシャ製のものが伝わったが、日本では綿布や紙に桐油 (とうゆ) を引いて、形も、袖のない丸ガッパから着物風の袖ガッパになった。雨ガッパ。

2 荷物・駕籠 (かご) などの雨よけに用いる桐油紙。

レインコートという意味合いで使ったことがあると思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.