くらし情報『コロナの影響は「ほぼなし」!? 冬のボーナス実態調査結果』

2021年12月8日 11:10

コロナの影響は「ほぼなし」!? 冬のボーナス実態調査結果

キャリアや就職・転職全般に関する研究や各種調査を行う機関「Job総研」を運営するライボは、487人の社会人を対象に「2021年 冬ボーナス実態調査」を実施し、その結果を発表しました。

コロナの影響は「ほぼなし」!? 冬のボーナス実態調査結果


■昨冬ボーナス支給額より4.6%増加の結果に

コロナの影響は「ほぼなし」!? 冬のボーナス実態調査結果


コロナの影響は「ほぼなし」!? 冬のボーナス実態調査結果


調査対象に今冬のボーナス支給の有無を質問したところ、全体の72.1%が「支給あり」と回答。そのうち昨冬から「増加した」と回答したのが41.3%で、「減少した」が18.2%、「変わらない」が40.5%という結果になりました。

また、昨冬と今冬の具体的なボーナス額の回答を基に集計した1人当たりの平均支給額では、昨冬72.4万円、今冬75.7万円となり、昨冬ボーナス支給額より4.6%増加した結果になりました。

■半数がボーナスのコロナ影響は「なし」と回答

コロナの影響は「ほぼなし」!? 冬のボーナス実態調査結果


さらに、ボーナスに対してのコロナの影響について聞いてみると、約半数の48.9%が「全く影響していない」と回答しました。

今冬のボーナス支給についての満足度では、32.4%が「満足」、33.1%が「やや満足」と回答し、65.5%が満足傾向にあるのに対し、「不満」14.4%、「やや不満」20.1%と34.5%が不満傾向にあることがわかりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.