くらし情報『実はふざけたお調子者? 俳優・神木隆之介の飾らない魅力とは』

2022年1月7日 11:10

実はふざけたお調子者? 俳優・神木隆之介の飾らない魅力とは

取材・文:ameri

撮影:佐々木康太

編集:鈴木麻葉/マイナビウーマン編集部

2005年に放送されたドラマ『あいくるしい』。当時からテレビっ子だった私は、「なんてかわいい子役さんなんだろう……」と目を奪われた。それが神木隆之介さん。

実はふざけたお調子者? 俳優・神木隆之介の飾らない魅力とは


彼はさまざまな役を経験し、“好青年”のまますてきな俳優へと成長した。そんな神木さんの“架空の休日”を気鋭のクリエイターが妄想を膨らませ描く『WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休』が1月7日より放送・配信スタートとなる。(全8話/オムニバス)

世間から爽やかで真面目なパブリックイメージを抱かれている彼の“本当の姿”とは……?彼の素を深掘りしてみた。

■「本来の神木は、ふざけている人間です(笑)」

実はふざけたお調子者? 俳優・神木隆之介の飾らない魅力とは


――『WOWOWオリジナルドラマ神木隆之介の撮休』では、ご自身の役を演じられるという珍しい経験をされたと思いますが、初めて台本を読んだ時の感想をお聞かせください。

ト書きに「神木、〇〇する」と書いてあるんですよね。自分の名前が台本に書かれることはないので、それがとても不思議な気分でした。周りの方たちは僕を「神木」と呼ぶのに、僕は役名で呼ばなければいけないというジレンマはありましたけど、誰かが僕の“撮休”をイメージして書いてくれるというのはなかなかない発想だったので、楽しく読ませてもらいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.