くらし情報『レシピでよく見かける「調理酒」を使うメリットは? 役割や使い方をプロに聞いてみた』

2022年5月19日 17:00

レシピでよく見かける「調理酒」を使うメリットは? 役割や使い方をプロに聞いてみた

新生活シーズンが始まり、これを機に自炊を始めたという人もいるのではないでしょうか?

レシピサイトなどをみていると、時折登場する“調理酒”という文字。

材料に書いてあるからなんとなく使ってはいるものの、どんな役割があるのか知って使っている人は意外に少ないかもしれません。

そこで、今回は料理酒の基本や便利な使い方などを「日の出」ブランドで知られる「キング醸造」に聞いてみました。

■料理酒の役割とは?

レシピでよく見かける「調理酒」を使うメリットは? 役割や使い方をプロに聞いてみた

何気なく使っている料理酒ですが、「お酒で何か変わるの?」と思っている人も少なくないはず。

料理酒とは、米、米こうじ、食塩などを原料とした、料理に特化した醸造調味料で、清酒よりも原料であるお米の表層を削らないため、有機酸やアミノ酸を多く含んでいます。

この有機酸やアミノ酸は、料理にうまみやコクを付ける働きがあるため、料理酒は料理に向いているのです。

また、食塩が入っているかどうかも清酒と料理酒の大きな違いとなっています。

食塩が加わっていない料理酒はお酒として扱われないため、酒税がかからず清酒よりもお手頃に買えるというもの特徴です。

そんな料理酒には、次のような役割があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.