くらし情報『【難読】“なにろ”って読むの? 「隘路」の正しい読み方』

2022年5月19日 13:00

【難読】“なにろ”って読むの? 「隘路」の正しい読み方

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「隘路」の読み方です。

「隘」って何て読むの? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

【難読】“なにろ”って読むの? 「隘路」の正しい読み方


■「隘路」の読み方は?

「路」は道路、路面と読むので“ろ”と読みますよね。しかし、「隘」はあまり見ない漢字ですよね。読み方が想像できない人も多いと思います。二つを合わせて、何と読むのでしょうか。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“あいろ”と読みます。

【難読】“なにろ”って読むの? 「隘路」の正しい読み方


■「隘路」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「隘路」の意味は以下のように解説されています。

あい‐ろ【×隘路】

1 狭くて通行の困難な道。

2 物事を進める上で妨げとなるものや条件。支障。難点。ネック。「予算枠が―となって計画が中断した」

「隘路」は、狭くて通行の困難な道のことです。また、それが転じて、物事を進めるうえで妨げとなるもののたとえとしても使われます。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「隘路」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.