くらし情報『「ただ生きる日々を過ごしていた」――休業期間を終えた松本まりかが語る“新しい自分”』

2022年6月24日 11:10

「ただ生きる日々を過ごしていた」――休業期間を終えた松本まりかが語る“新しい自分”

取材・文:杉田穂南/マイナビウーマン編集部

撮影:佐々木康太

「ただ生きる日々を過ごしていた」――休業期間を終えた松本まりかが語る“新しい自分”


今年2月、「まとまって休もうと思ってます」と、仕事を休むことを自身のインスタグラムで伝えた松本まりかさん。予定通り、4月中旬頃から約1カ月間、“お休み期間”を過ごされました。

そんな松本さんが出演する『映画 妖怪シェアハウスー白馬の王子様じゃないん怪ー』が6月17日に公開。松本さんは「うらめしや~」でおなじみの妖怪「お岩さん」を演じています。

「休みなんていらない」と次々に来る仕事をこなし、駆け抜けてきた松本さん。そんな彼女がなぜ今、“まとまった休み”を取ろうと思ったのか、そしてこの休業期間を経て変わったこととは……?

■「お岩さん」は学ぶことが多かったキャラクター

「ただ生きる日々を過ごしていた」――休業期間を終えた松本まりかが語る“新しい自分”


――本作で松本さんが演じたのは、夫に毒殺された恨みから強い怨念を抱く「お岩さん」という妖怪。実際に演じられてみていかがでしたか。

お岩さんって一般的にはこわいとか、恨み、ドロドロ、執着……みたいなネガティブなイメージじゃないですか。でも、その根本にある短所を長所に、ネガティブをポジティブに変えてみると、愛情深くて、コミカルで、こわさもセクシーになるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.