くらし情報『被害者のはずが加害者に!? 悪に染まった海斗と、イケメン医師のリベンジの真相【Re:リベンジ-欲望の果てに-第9話】』

被害者のはずが加害者に!? 悪に染まった海斗と、イケメン医師のリベンジの真相【Re:リベンジ-欲望の果てに-第9話】

※このコラムは『Re:リベンジ欲望の果てに』9話までのネタバレを含んでいます。

被害者のはずが加害者に!? 悪に染まった海斗と、イケメン医師のリベンジの真相【Re:リベンジ-欲望の果てに-第9話】


■被害者のはずだったはずが、いつの間にか加害者側に

医療過誤が起きた可能性をもみ消すため、その証拠となりうるレントゲン写真を隠滅した海斗(赤楚衛二)。しかし、その事実を大友(錦戸亮)に突きつけられ、絶対絶命のピンチに陥ってしまいます。

「お前に人の上に立つ資格はない」と海斗を揶揄する大友に対し、「捏造の証拠はあるのか?(隠滅したと主張している)レントゲン自体が捏造では?」と海斗も反論。


被害者のはずが加害者に!? 悪に染まった海斗と、イケメン医師のリベンジの真相【Re:リベンジ-欲望の果てに-第9話】


当初は天堂記念病院で起きた権力争いの被害者であり、病院内に単身乗り込み正義を貫いていたはずの海斗。気づけば加害者側に立ち、自身の立場と病院の名誉を守るためにスラスラとうそをついてしまっているのですから恐ろしいものです。

自分にとって、大友は危険分子であると判断した海斗は、大友を切ることを会長に提案します。しかし「切るのはいつでもできる」と一蹴するとともに、「その他の手なづけた犬に噛まれぬよう気をつけろ。厳しくするだけでは人の心は掌握できない」と忠告します。

その忠告を元に、今回の手術の結果に疑問を持つ医師・若林(橋本淳)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.