くらし情報『渋谷に、文化発信基地となるライブホール「ユーロライブ」開館 - 映画・音楽・寄席など』

2014年10月16日 15:25

渋谷に、文化発信基地となるライブホール「ユーロライブ」開館 - 映画・音楽・寄席など

渋谷に、文化発信基地となるライブホール「ユーロライブ」開館 - 映画・音楽・寄席など

ヴェンダース、カラックスなど、多くの人気監督を含む世界中のアート映画を配給し、映画『ポンヌフの恋人』などの製作でも知られる映画配給会社ユーロス ペースが、2014年11月5日(水)、渋谷に文化発信基地となるライブホール、「ユーロライブ(EURO LIVE)」を開館する。

[ この記事の画像を見る ]

かつて渋谷・公園通りでは、パルコやジャンジャンなどが多様なプログラムで連夜多くの観客を集めるなど、渋谷には数多くの文化発信基地があった。ミニシアターブーム全盛期の映画館には若者が溢れ、 “渋谷系”と言われるカルチャーが日本を席巻。渋谷は若者から大人まで、幅広い年齢の人々に向けて独自の文化を発信する街として常に全国から注目を浴び続けてきた。それから数十年、大規模開発で変貌しようとする渋谷に、サブカルチャーの火種を残したいという思いとともに、ライブホールが開館されることとなった。

「ユーロライブ」では寄席、コント、映画、音楽、一人芝居など自由なジャンルの公演と、それぞれの領域に関するトークライブ、講座などを行う。特徴は、ジャンルごとに集まったキュレーターたちが様々なプログラムを組んでいくことだ。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.