くらし情報『アカデミー賞有力候補『フォックスキャッチャー』15年2月日本公開 - 「マネーボール」監督最新作』

2014年11月17日 12:45

アカデミー賞有力候補『フォックスキャッチャー』15年2月日本公開 - 「マネーボール」監督最新作

アカデミー賞有力候補『フォックスキャッチャー』15年2月日本公開 - 「マネーボール」監督最新作

動画を見る

[ この記事の画像を見る ]

2014年度アカデミー賞の有力候補とされる映画『フォックスキャッチャー』が2015年2月に日本公開されることが決定した。監督は「カポーティ」でアカデミー賞にノミネートされたベネット・ミラー。また脚本は同じく「カポーティ」のダン・フッターマンが務める。

フィリップ・シーモア・ホフマン主演「カポーティ」(05)では作家トルーマン・カポーティを、ブラッド・ピット主演「マネーボール」(11)では革新的球団運営で野球界の常識識識を変えたGMを、これまで実在の人物と事件を丹念に描いてきたベネット・ミラー監督。本作は、既にカンヌ国際映画祭において監督賞を受賞、映画評価サイト「ロッテン・トマト」でも91パーセントを獲得している。

出演は犯人でデュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンにスティーヴ・カレル。事件に巻き込まれて行く五輪金メダリストの兄をマーク・ラファロ、弟をチャニング・テイタムが演じ、特にデュポンになりきったカレルの怪演は大きな話題を呼び、早くもオスカー最有力候補との呼び声も高まっている。

■ストーリー
大学でレスリングを教えるオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.