くらし情報『「犬のための建築」展が金沢21世紀美術館で開催』

2014年12月5日 18:50

「犬のための建築」展が金沢21世紀美術館で開催

「犬のための建築」展が金沢21世紀美術館で開催

柴犬やダックスフンド、パグ、ビーグル……多くの人が飼っているであろう、愛すべき犬のための建築物が集まる展覧会「犬のための建築」が金沢21世紀美術館で開催される。期間は2014年12月6日(土)から2015年5月10日(日)。

[ この記事の画像を見る ]

「犬のための建築」は、デザイナー・原研哉のディレクションのもと、犬の尺度で建築を捉えなおすことで、新たな建築の可能性を模索するプロジェクト。2012年に公式サイトにおいて、世界をリードする建築家・デザイナー13組がデザインした「犬のための建築」作品が、フリーダウンロードできる設計図とともに公開された。その後、アメリカ・マイアミ、ロサンゼルス、中国・四川省を巡回。本展はその展覧会が日本に上陸したものとなる。

展覧会では、「犬のための建築」28点を一堂に展示。柴犬、スピッツ、パグといった具体的な犬種を特定してデザインされており、それぞれの建築家・デザイナーの個性もにじみ出ている。また、原研哉による「人間と犬のスケールを調整する装置」というコンセプトのデザインも。犬好きからアート好き、建築好きまで幅広い人が楽しめる展覧会となりそうだ。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.