くらし情報『カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作『雪の轍』- カッパドキアを舞台に、人間の繊細な心理描く3時間』

2015年2月21日 22:00

カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作『雪の轍』- カッパドキアを舞台に、人間の繊細な心理描く3時間

カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作『雪の轍』- カッパドキアを舞台に、人間の繊細な心理描く3時間

カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作、映画『雪の轍(わだち)』が、2015年6月27日(土)より、角川シネマ有楽町および新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

[ この記事の画像を見る ]

第67回カンヌ国際映画祭で見事パルム・ドール大賞(最高賞)を受賞した本作。世界遺産カッパドキアを舞台に、ホテルのオーナーとして暮らす元舞台俳優のアイドゥンと若く美しい妻との生活、妹との愛憎、そして主人公への家賃を滞納する聖職者の一家との不和を生々しく描くヒューマンドラマだ。

ロシアを代表する文豪チェーホフの著作をモチーフにした本作には、劇作家シェークスピアや、スウェーデンの映画監督イングマール・ベルイマンを思わせる描写も。カッパドキアに雪が積もるにつれ、お互いの内面が静かに明らかになっていき、ストレートな言葉で感情をぶつけ合う彼らには、滑稽さすら漂う。

濃厚な世界観と人の心をえぐる展開、そして圧倒的な映像美によって紡がれる3時間16分は、ガーディアン、ル・モンドをはじめとする各国のメディアからも絶賛されている。

監督は、カンヌ国際映画祭コンペティション部門にてグランプリ2回と監督賞を受賞している、トルコが誇る巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.