くらし情報『浮世絵師・葛飾北斎父娘が生きた江戸、アニメ映画『百日紅』主題歌は椎名林檎』

2015年4月13日 06:55

浮世絵師・葛飾北斎父娘が生きた江戸、アニメ映画『百日紅』主題歌は椎名林檎

浮世絵師・葛飾北斎父娘が生きた江戸、アニメ映画『百日紅』主題歌は椎名林檎

動画を見る

[ この記事の画像を見る ]

アニメーション映画『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』が2015年5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿ほかで全国公開される。

江戸風俗研究家で文筆家・漫画家としても活躍した、杉浦日向子。彼女の漫画代表作「百日紅」が、アニメーション作家・原恵一により、初めて長篇映画化されたのが今作だ。主人公の浮世絵師・お栄と、父であり師匠でもある葛飾北斎。彼らが江戸の四季を通して、絵とともに生活していく様子を、周囲の自由な人々とともに描いた作品となる。

主人公・お栄の声を演じるのは、杉浦作品のファンだという女優・杏。さらに葛飾北斎役として、松重豊が出演する。ほかにも濱田岳や高良健吾、美保純、麻生久美子など、個性的で豪華キャストが声優として名を連ねた。

また今回主題歌が、椎名林檎の「最果てが見たい」に決定した。以前、椎名が石川さゆりに提供した楽曲を、セルフカバーした新録曲だ。これは原作者・杉浦日向子が生前、椎名のファンだったことから実現したという。

そして本作はすでに、フランス、イギリスをはじめとし世界での配給が決定しているそう。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.