くらし情報『映画『ターナー、光に愛を求めて』- マイク・リー監督最新作、希代の風景画家の生涯に迫る』

2015年5月7日 14:10

映画『ターナー、光に愛を求めて』- マイク・リー監督最新作、希代の風景画家の生涯に迫る

映画『ターナー、光に愛を求めて』- マイク・リー監督最新作、希代の風景画家の生涯に迫る

マイク・リー監督の最新作『ターナー、光に愛を込めて』の日本公開が決定。2015年6月20日(土)からBunkamuraル・シネマなど、全国で順次公開される。

[ この記事の画像を見る ]

本作品は、マイク・リー監督が12年以上温めてきた、西洋絵画史を代表するイギリス人風景画家、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーを題材にした作品。ターナーは、「トラファルガーの戦い」や「戦艦テメレール」などが代表作の、モネなどの印象派画家に大きな影響を与えた作家だ。

若くして名声を得ながら、ときに嘲笑や批判を浴び、それでも新たな表現を求め自らを追い込んだターナー。芸術を追い求める傍ら、名前や身分を偽って意外な場所に出没するなど、旅を愛した一面も覗かせている。

そんな彼を現代に蘇らせたのは、『ハリーポッター』シリーズや『英国王のスピーチ』で知られる、イギリスの個性派俳優、ティモシー・スポール。不器用だったターナーが苦難を乗り越え、遂には人生の喜びを知る姿を繊細かつリアルに演じ、カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞ほか多数の賞を受賞した。

また、光に吸い込まれそうなほど輝く、絵画のような映像美を撮影したディック・ポープは、同映画祭で芸術貢献賞を受賞し、本年度アカデミー賞にもノミネートされた。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.