くらし情報『展覧会『幻想耽美』が渋谷Bunkamuraで開催 - 日本の現代アートに見る、エロチシズムの本質』

2015年5月18日 11:45

展覧会『幻想耽美』が渋谷Bunkamuraで開催 - 日本の現代アートに見る、エロチシズムの本質

展覧会『幻想耽美』が渋谷Bunkamuraで開催 - 日本の現代アートに見る、エロチシズムの本質

耽美主義。19世紀後半に広まった、このヨーロッパの芸術思潮は、表現されている事柄の思想や善悪を問うことなく、その「美しさ」に最上の価値を置くものだ。この耽美主義に傾倒した日本の現代アートが集う展覧会『幻想耽美―現代アートにおけるジャパニーズエロチシズム』が2015年6月17日(水)から28日(日)まで東京・渋谷のBunkamura�Galleryで開催される。

[ この記事の画像を見る ]

今まで見たことのない程の妖艶で挑発的な少女の姿を描いた絵画や、可憐で痛々しく神秘的なドールアートなどは、日本における耽美主義の初期に登場したアート。それが今では日本画・油彩・人形作品とバラエティに溢れた方法で、刺激的な内容と陶酔を誘う本質的な美を表現している。

本展では、絵画やイラストなどの平面作品に加え、ビスクドールなどの立体作品、関連グッズや書籍も販売。ロリータファッションやオタクなど、耽美の世界を表現するのに長けている日本だからこそ表現できる、美の響宴を楽しんで欲しい。

【展覧会概要】
『幻想耽美―現代アートにおけるジャパニーズエロチシズム』
会期:2015年6月17日(水)~28日(日)


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.