くらし情報『目黒雅叙園で「和のあかり×百段階段」展 - 史上初!夏のイルミネーションが文化財を彩る』

2015年6月20日 09:30

目黒雅叙園で「和のあかり×百段階段」展 - 史上初!夏のイルミネーションが文化財を彩る

目黒雅叙園で「和のあかり×百段階段」展 - 史上初!夏のイルミネーションが文化財を彩る

目黒雅叙園の百段階段にて夏にぴったりなイルミネーションイベント「和のあかり�百段階段」展が開催される。期間は2015年7月3日(金)から8月9日(日)まで。ここで実施される企画展史上、初めて全時間帯で写真撮影が可能だ。

[ この記事の画像を見る ]

昭和初期を代表する126枚の日本絵画に囲まれた色彩豊かな部屋が7つある百段階段。それぞれ、「日本の祭りのあかり」「和紙のあかり」「草木のあかり」など日本人が愛してきた風情ある“和のあかり”が各部屋を灯し、夏のイルミネーションとして彩る。

目玉となるのは、日本屈指の祭り「青森ねぶた祭」の“ねぶた”のあかり。釘一本打てない文化財・百段階段へ巨大なねぶたを展示する、そんな前人未到の挑戦に挑むのは若手ねぶた師集団「ねぶた屋」の4名。流派が異なる4名のねぶた師が、合同で作品を制作。本場のねぶた祭りでも、なかなか間近で見ることができないと言われている“ねぶた”だが、部屋にめいっぱいに飾られ、息を呑むほどの迫力の作品を、より近くで楽しめそうだ。

そのほか、園内のパブリックスペースやレストランでも様々な“和のあかり”を用意。合計12の灯りが夏の目黒雅叙園を優美に演出するほか、葛飾北斎の作品からインスパイアされたカクテルなどを販売する予定。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.