くらし情報『ハインデル展が渋谷・Bunkamura Galleryで開催 - ロバートと息子トッドの親子展』

2015年8月2日 15:55

ハインデル展が渋谷・Bunkamura Galleryで開催 - ロバートと息子トッドの親子展

ハインデル展が渋谷・Bunkamura Galleryで開催 - ロバートと息子トッドの親子展

- 没後10年 ロバート+父へのオマージュ トッド -「ハインデル展」が、東京・渋谷のBunkamura Galleryで開催される。期間は2015年9月3日(木)から9月14日(月)まで。

[ この記事の画像を見る ]

世界の著名なバレリーナ達の肢体から放たれる“一瞬の美”をエモーショナルに描き上げ、一貫して生命の尊厳、人間の愛を描くことに人生を捧げたロバート・ハインデル。その偉大な才能を受け継ぐ息子トッド・ハインデル。今回、初となる親子二代展が開催される。

本展では、故ダイアナ妃が後援していたロンドンシティーバレエの演目『ガーデン オブ エロス』を描いた「アバンダン」、鮮やかなピンクを背景に躍動感あふれる動きを描いた「ダンサー オン カーマイン」など、ロバート・ハインデルの待望の新作版画をはじめ、貴重な原画作品を紹介。

また、息子のトッド・ハインデルは、コンピューターグラフィックスで作成したモチーフを元に、光と影に包まれた人物像をキャンバスに描いた作品をはじめ、新たな試みとして、父へのオマージュとなるバレエダンサーを描いた作品を発表する。

息子トッド・ハインデルは父の影響を受け7歳より絵を描くことに興味を覚え、高校時代には多くの賞を獲得。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.