くらし情報『タイ映画『すれ違いのダイアリーズ』会ったことのない女性に恋する新米教師、本国アカデミー賞を席巻』

2015年8月2日 17:00

タイ映画『すれ違いのダイアリーズ』会ったことのない女性に恋する新米教師、本国アカデミー賞を席巻

タイ映画『すれ違いのダイアリーズ』会ったことのない女性に恋する新米教師、本国アカデミー賞を席巻

タイ発の映画『すれ違いのダイアリーズ』が、2016年にシネスイッチ銀座を皮切りとして、全国順次公開することが決定した。また、公開に先駆けて2015年9月に開催される「第8回したまちコメディ映画祭 in 台東」への出品も決定。

[ この記事の画像を見る ]

本作品は、タイ・アカデミー賞に最多13部門ノミネートされ、アカデミー賞外国語映画賞タイ代表作品にも選出。1冊の日記をめぐって、これまでなかった“すれ違い”が観客の心をぎゅっと掴む演出の巧みさに思わず脱帽だ。

舞台は今もタイにある水上の学校。携帯電話さえも繋がらないこの僻地の学校に教師としてやってきたダメ青年のソーンは、教師経験も全くないうえに、超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまう。

コメディ要素とラブストーリー要素がたっぷり詰まった本作の監督は『フェーンチャン ぼくの恋人』(03)


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.