くらし情報『横尾忠則の展覧会「 続・Y字路」開催 - 近年の「Y字路」シリーズ約70点が集結』

2015年8月8日 10:10

横尾忠則の展覧会「 続・Y字路」開催 - 近年の「Y字路」シリーズ約70点が集結

横尾忠則の展覧会「 続・Y字路」開催 - 近年の「Y字路」シリーズ約70点が集結

横尾忠則の展覧会「続・Y字路」が2015年8月8日(土)から11月23日(月・祝)まで、神戸の横尾忠則現代美術館で開催される。期間中は、2006年以降の「Y字路」作品を中心に、約70点を展示。

[ この記事の画像を見る ]

2000年以降の横尾忠則の絵画作品を代表する「Y字路」は、横尾が故郷の兵庫県西脇市を訪れた際に撮影した一枚の写真に端を発する。横尾は、少年時代に通った模型店が無くなったことを知り、その跡地をカメラに収めたが、現像された写真の中に発見したのは、自分の知らない故郷の姿だったと言う。

偶然写っていたのは、夜の闇の中、フラッシュに浮かび上がる建物、その手前で二叉に分かれる道という、いわゆる「Y字路」のある風景で、これが横尾の制作姿勢を大きく変えることになった。この2つの消失点をもつ左右対称の構図は、横尾によって繰り返し描かれ、「Y字路」シリーズとして定着した。

本展は、横尾忠則現代美術館の開館3周年を記念して開催される。温泉地を巡って縁のモチーフを詰め込んだ「温泉」シリーズ、全国各地の美術館での公開制作、絵画的実験「黒いY字路」など、意欲的な挑戦の軌跡である「Y字路」


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.