くらし情報『「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015」世界最大級のジャズ・イベントが東京で開催』

2015年9月25日 10:40

「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015」世界最大級のジャズ・イベントが東京で開催

「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015」世界最大級のジャズ・イベントが東京で開催

「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015」が東京で開催されることが決定した。2015年10月1日(木)から25日(日)までの期間中、青山や恵比寿、代官山を拠点に12公演が予定されている。

[ この記事の画像を見る ]

「モントルー・ジャズ・フェスティバル」は、スイス・レマン湖畔の街モントルーで1967年にクロード・ノブスがスタートさせたジャズの祭典。現在では世界最大級のジャズ・イベントとして世界中の音楽ファンから注目を集めており、かつてのマイルス・デイビスやアレサ・フランクリンをはじめ、フィル・コリンズ、BBキング、ボブ・ディラン、スティングや ディープ・パープルらも出演した。

今回の東京開催では、“本家モントルー”のスタンスを踏襲し、「ジャズ」をキーワードとしながらも、音楽ジャンルやスタイルに固執せず、さまざまなミュージシャン、バンド、ユニット、DJの出演を予定。すでに出演が決定している主なアーティストは、ジャイルス・ピーターソン、松浦俊夫、サイケマジック、エディー・C、メラニー・デ・ビアシオ、マーラ、デヴィッド・サンボーンなど。

さらに今回の開催にあたって、マンガ『AKIRA』でも有名な大友克洋がキービジュアルを担当。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.