くらし情報『たばこと塩の博物館「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」展を開催、喫煙風景の描かれた浮世絵など』

2015年10月13日 15:30

たばこと塩の博物館「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」展を開催、喫煙風景の描かれた浮世絵など

たばこと塩の博物館「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」展を開催、喫煙風景の描かれた浮世絵など

「たばこと塩の博物館」が、リニューアルオープン記念展『浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート』を開催する。期間は2015年11月3日(火・祝)から12月13日(日)まで。

[ この記事の画像を見る ]

展示されるのは、鈴木春信、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎などをはじめとする約28名の絵師による、喫煙具や喫煙風景の描かれた浮世絵。喜多川歌麿の「当時全盛似顔揃 扇屋内花扇」や、“幻の絵師”とも呼ばれる東洲斎写楽の「四代目松本幸四郎の肴屋五郎兵衛」など、数々の名品が並ぶ。

また、素材、形状もさまざまなたばこ盆の逸品、八代目桂文楽旧蔵のたばこ入れコレクションなど、江戸から明治時代に制作されて、美術工芸品としても評価の高い喫煙具も紹介する。

なお、1978年11月3日に渋谷区神南でオープンした「たばこと塩の博物館」は、2015年の4月25日に場所を墨田区横川に移し、 target="_blank">リニューアルオープンしたばかり。移転からおよそ半年が経ち、墨田区の館では初めてとなる特別展として、本展が開催される。

【展覧会概要】
リニューアルオープン記念展『浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート』
期間:2015年11月3日(火・祝)


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.