くらし情報『『美術手帖』12月号特集は「スター・ウォーズの芸術学」- 5つの切り口から作品の芸術性を読み解く』

2015年11月19日 13:50

『美術手帖』12月号特集は「スター・ウォーズの芸術学」- 5つの切り口から作品の芸術性を読み解く

『美術手帖』12月号特集は「スター・ウォーズの芸術学」- 5つの切り口から作品の芸術性を読み解く

2015年11月17日(火)発売の『美術手帖』12月号が、「スター・ウォーズの芸術学」と題し、12月18日に新作『 target="_blank">フォースの覚醒』が公開される映画『スター・ウォーズ』シリーズを特集する。

[ この記事の画像を見る ]

本号の大きな読みどころの一つ「スター・ウォーズを読み解く5つの視点」では、「SF論」「神話」「デザイン」「VFX」「音楽」の5つの切り口を用意。それぞれ、各ジャンルの専門家を招いてシリーズを批評的に読み解き、なぜ本作がこれほど多くの人々に愛されてきたのかを、その芸術性を問うことから考える。

また、新作『フォースの覚醒』でメガホンをとるJ・J・エイブラムス論や、シリーズ入門、「戦略学」「宇宙科学」などの視点からみるコラム、全国巡回中の「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」を現代美術家の金氏徹平と行く記事なども収録している。

【書籍情報】
『美術手帖』12月号
発売日: 2015年11月17日(火)
価格:1,600円+税

<特集内容>
スター・ウォーズの芸術学
スター・ウォーズが帰ってきた!
・J・J・エイブラムスとは何者か?
・超入門 スター・ウォーズ講座
・見どころ紹介! オリジナル・トリロジー/プリクエル・トリロジー
スター・ウォーズを読み解く5つの視点
■SF論(藤田直哉)


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.